戸籍謄本、抄本

戸籍謄本・抄本の翻訳

戸籍謄本翻訳戸籍抄本翻訳をレターパックで日本全へスピーディーに配送!英語で書かれた翻訳証明書をお付けします。全部事項証明書個人事項証明書、除籍謄本、除籍抄本、改製原戸籍他の翻訳(英訳)は実績豊富な翻訳のサムライにお任せください。

戸籍謄本の翻訳料金(英訳)

戸籍謄本・戸籍抄本は現在多くの市町村でコンピュータ化されて横書きの新様式になっていますが、京都など一部の市町村では旧来の縦書きの様式を使用しているところもあります(平成27年7月時点で京都の戸籍謄本も新式化されたようです)。翻訳する様式が新様式か旧様式かによって翻訳料金が異なります。以下の料金表をご参照ください。

新様式(縦書き)の戸籍の場合
旧様式(縦書き)の戸籍の場合

納期

戸籍の翻訳書類はスピーディーに納品します。通常納期でご発注頂いた場合は5〜6営業日以内に翻訳品を発送します。ほかに特にお急ぎの場合は「特急納期」と「スーパーエクスプレス納期」があります。それぞれの納期についての期限と納品方法は翻訳の納品方法と納期を御覧ください。

翻訳証明書

戸籍謄本の英訳は信頼できる実績のある業者に依頼するのが安心です。翻訳のサムライは創業1999年、永住権、留学、ビジネス、就業その他のビザ申請などで必要な証明書・公文書の翻訳を数多く取り扱っており信頼と安心の実績があります。弊社の戸籍謄本の翻訳(英訳)には翻訳証明書を添付いたします。翻訳証明書は、添付した翻訳が正しい翻訳であることを翻訳会社が証明するものです。提出先の機関にcertified translationを要求される場合はこの翻訳証明書を指しています。翻訳証明書には翻訳者の名前、日付、署名、社印や会社の連絡先情報が含まれています。
サンプルはこちらです。 ⇒ 翻訳のサムライの翻訳証明書(英文)

翻訳の公証

ビザ申請等のため大使館や領事館、あるいは公証役場での翻訳宣誓書の「認証」または「公証」(Notarial)が必要な方は、「翻訳の公証」のページをご参照ください。また、翻訳の公証書類について外務省による公印確認の後各国領事による認証にも対応できます。下記領事認証取得サービスに関するページもご参照ください(弊社メインサイトURLです)。

⇒ 領事認証取得 http://www.honyakunosamurai.co.jp/fields/consul/index.html

ご発注から納入までの流れ

戸籍謄本等の翻訳依頼から受取りまでの流れについて詳しくは、発注から納品までのプロセスをご覧ください。

  1. 申込書と元原稿(戸籍謄本)の送付 → オンライン申込書
  2. お支払い → 振込口座情報、クレジットカード
  3. 翻訳結果の中間チェック → 氏名のスペルなど主に個人事項を確認してください
  4. 納品物を受領 → 翻訳品の納品までの流れ
戸籍翻訳は需要が高い
戸籍謄本以外の翻訳