改製原戸籍、戸籍謄本、戸籍抄本の翻訳

ホーム > 改製原戸籍、戸籍謄本、戸籍抄本の翻訳

改製原戸籍の翻訳、戸籍謄本・戸籍抄本の翻訳(英訳)

改製原戸籍翻訳戸籍謄本戸籍抄本の正確な翻訳を迅速に日本全国に配送します。英文翻訳証明書付の戸籍謄本の翻訳(英訳)は信頼の戸籍翻訳会社「翻訳のサムライ」にお任せください。戸籍抄本除籍謄本、除籍抄本、改製原戸籍戸籍の附票の翻訳(英訳)など戸籍に関する公文書の翻訳には長年の実績があります。戸籍謄本の翻訳は英語、韓国語、スペイン語訳を扱っています。

このサイトは旧様式の戸籍謄本、戸籍抄本あるいは除籍謄本、改製原戸籍、旧戸籍法に基く戸主制度の下の旧戸籍などの翻訳に関して詳しく記載したページです。従来の様式の戸籍謄本と現在のコンピュータ化された現在事項全部証明、あるいは戸籍の一部を記載した従来の戸籍抄本と現在の一部事項証明はそれぞれ様式が変わっただけで実質的に同じ書類です。従って、本サイトの内容は現在事項全部証明や一部事項証明などの書類についてもほとんど準用できます。現様式の戸籍の翻訳に特定したページはこちらをごらんください。 ⇒ 戸籍全部事項証明等の翻訳
また、戸籍謄本等の英語以外の他言語への翻訳については当サイト内の別のページをご覧ください。

現行様式の戸籍(戸籍全部事項証明など)のほか、旧様式の戸籍謄本、戸籍抄本、改製原戸籍、様式にかかわらず除籍謄本などがあります(平成6年法律第67号戸籍法及び住民基本台帳法の一部を改正する法律の改正により旧来の戸籍簿を改製しコンピュータ化したものを戸籍全部事項証明書、一部事項証明書などと呼びます。旧来の戸籍謄本にあたるのが戸籍全部事項証明書で、戸籍抄本にあたるのが戸籍個人事項証明書となっています)。
また改製される前の戸籍全部事項証明は改製原戸籍(かいせいはらこせき、又はかいせいげんこせき)と呼び(平成6年の法律で改製される前の戸籍を平成改製原戸籍と呼び、昭和23年の法律で改製される前の戸籍は昭和改製原戸籍ということになります)、この戸籍の翻訳、英訳が必要なこともあります。

除籍謄本の翻訳

除籍謄本の翻訳料金は、その除籍謄本の様式の書類の翻訳料金に準じます。例えば、除籍謄本の様式が旧様式の場合、翻訳料金は上記の旧様式の戸籍謄本の翻訳料金に準じます。

改製原戸籍の翻訳

改製原戸籍の翻訳料金は、その改製原戸籍の様式の書類の翻訳料金に準じます。例えば、平成改製原戸籍(すなわち昭和33年戸籍法の改正に従い編製または改製され平成6年戸籍法に従い現行の戸籍全部事項証明に改製された原戸籍)の場合、翻訳料金は上記の旧式の戸籍謄本の翻訳料金に準じます。昭和33年戸籍法の改正に従い編製または改製される前に編製された原戸籍、家長制度の下での旧法に基づく戸籍謄本は保存状態などにより判読が難しいものもありますので、これら大変に古い戸籍謄本については別途見積もりすることがあります。

昭和改製戸籍以前の戸籍の翻訳

昭和23年の戸籍改製以前の戸籍、さらに明治、慶応の時代にさかのぼる旧戸籍は、家を単位として作成されていたもので、家長のもとに2世代以上の家族構成員が記載されています。保存が長くなっていること、手書きのものであるうえ、文字の崩し方が古いものであることなどから、戸籍によってはところにより判読不能なほど詳細が読みにくくなっているものもあります。翻訳の可能性(判別の可否)も含み、見積もりをいたしますので翻訳のサムライにご相談ください。

戸籍謄本の翻訳料金(英訳)

改製原戸籍など旧様式の戸籍謄本(縦書き)の翻訳(英訳)料金
全部事項証明または個人事項証明の翻訳(横書き)の翻訳(英訳)料金

納期

        納期には通常納期のほかに特にお急ぎの方に対して、「特急納期」と「スーパーエクスプレス納期」があります。各納期の期限と納品方法は以下のとおりです。
翻訳品納期 郵送形態 料金
通常納期 5営業日後
発送
レターパック360 上記旧様式の戸籍謄本翻訳料金表をご覧ください
(表示額は郵送費込み)
特急納期 1~2営業日後
原稿確認、発送
レターパック360 上記旧様式の戸籍謄本翻訳料金表をご覧ください
(通常納期+2,000円)
スーパー
エクスプレス
当日発送 レターパック360 通常納期の料金価格X2倍
海外への発送 EMS便
(国際スピード郵便)
各翻訳料金+4,000円
    • 旧民法に基づく古い様式の戸籍謄本(縦書きの改製原戸籍、除籍謄本、旧様式戸籍等)などは読み取ることに時間がかかることがあるため、上記の納期が適用されない場合があります。注文時に確認してください。

翻訳証明書

戸籍謄本の英訳は信頼できる実績のある業者に依頼するのが安心です。翻訳のサムライの戸籍謄本の翻訳(英訳)には翻訳証明書を添付いたします。翻訳証明書は、添付した翻訳が原文の忠実、真正な翻訳であることを翻訳会社が証明するものです。certified translationとある場合はこの翻訳証明書を添付してください。
サンプルはこちらです。 ⇒ 翻訳のサムライの翻訳証明書(英文)

翻訳の公証

翻訳品に弊社の翻訳証明書に加えてビザ申請等の提出先国の領事館、あるいは公証役場での翻訳宣誓書の「認証」または「公証」(Notarial)が必要な方は、「翻訳の公証」のページをご参照ください。

ご発注から納入までの流れ

      • 戸籍謄本等の翻訳依頼から受取りまでの流れについて詳しくは、

翻訳の注文から納品までのプロセス
をご覧ください。